カレンダー

<< 2017/10 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2017/10/22 日 [商品情報]

京芋(きょういも)や唐いもとも呼ばれています。

京都を中心に古くから作られ、京料理の食材として用いられてきたことから京芋(きょういも)と呼ばれています。

宮崎県特産の「京いも」は、普通のさといもとは異なり、形は円筒形で、大きいのが特徴です。呼び名は地上に頭を出している姿が筍に似ている事から一般では“たけのこいも”とも呼ばれていますが、地元では“台湾いも”と呼ばれていました。
「京いも」の肉質は粉質で身がしまっており、煮くずれしないのが特徴です。また、皮をむきやすいため料理には大変便利な食材です。


IMG_5172.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/10/22 日 [商品情報]

カリフローレとは一般的なカリフラワーのように一つの丸い塊状に花蕾が出来るのではなく、花梗が細長く分岐し、花蕾がばらけた感じにできます。

一般的なカリフラワーが主に花蕾を食べるのに対し、カリフローレは花梗(花の下の軸の部分)が長く、黄緑色で、どちらかと言えばその花梗部分を食べます。

生のままでも食べられるとされており、さっと茹でると、コリッとした歯触りで味にクセやアクが無く、見た目もころんとしたカリフラワーとは違った良さがあります。

IMG_5171.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/10/22 日 [商品情報]

根芋は秋に収穫した親芋をおがくずなどに深く埋め、そこから出てきた芽の部分が日に当たらないように軟白栽培して収穫したもので、大きいですが里芋のスプラウトのようなものです。見た目がウドにも似ています。

根芋はそのものの味自体はクセもなくこれと言った特徴もありませんが、下茹でしたものを和え物などにするとズイキと同じでシャキシャキした食感が楽しめます。また、煮込むととても柔らかくなり、トロッとした食感が楽しめます。スポンジのようなものなので、味を染み込みやすい食材です。

IMG_5170.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/10/22 日 [商品情報]

江戸時代の文化・文政(1804〜29)のころ、今は絶滅した「郡大根」の変異種として生まれたそうです。細長く青みが強い小型の大根。郡大根の昔からご祝儀用に欠かせないもので、吸い物の具や、青味の部分がキュウリの代用、刺身のつまに利用され、また漬物用として珍重されてきました。


IMG_5169.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/10/22 日 [商品情報]

群馬県下仁田町の特産。上州一本ねぎ、殿様ねぎなどとも言われています。太く短いねぎで、白い部分だけを使います。甘味、辛味共に強く、煮物にすると旨みが引き立ちます。

これからの季節のお鍋にオススメです。

IMG_5168.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] 次のページへ>>
ページのトップへ戻る